著作権と予算は必ず確認

Tシャツ

保有者に許可を得よう

学生がクラスTシャツを作る際に気を付けたいポイントとして挙げられているのが、著作権に抵触する物を作らないことです。自分のオリジナルデザインといって、企業や個人の著作権に抵触する物を作った場合、犯罪行為とみなされます。ただし、著作権を持つ人や団体に許可をもらってクラスTシャツを作るのであれば、問題ないといわれている為、必ず許可をもらいましょう。許可をもらうときには利用目的や使用する期間を具体的に説明し、決して営利目的ではないことを理解してもらうことが重要です。企業のロゴや商品名でも著作権に抵触する可能性がある為、事前に必ず確認してから利用してください。また、クラスTシャツの予算に応じて、プリントできる色の数や大きさも異なってくる為、事前に確認してから申し込みましょう。ある程度他のクラスの予算を聞いてみる事で、自分のクラスで出せるクラスTシャツの予算がわかるといわれています。他のクラスだけでなく、前年度に作った上級生にも確認を取ることで、予算を決めやすいといえる為、参考にしてください。作る枚数によって、ショップでの料金が大きく異なる為、事前に確認して、確実に費用を出せるシャツを作りましょう。クラスの中には予算に対して過程で出せるかわからない人もいるため、あまり高額な費用ではなく、全員が納得できるよさんにして下さい。著作権と予算に関しては、クラスTシャツを作る時にトラブルとなる事が多い為、事前に確認しておくことが制作成功の秘訣です。

Copyright© 2018 チームのユニフォームを作ってもらおう【注意点をピックアップ】 All Rights Reserved.